エッチな時間を楽しむ おとなのブログ

ゲイ向けの風俗のプレイ内容について

男性をマッサージしているゲイ ゲイ向けの風俗店の歴史とは、
ゲイをターゲットとした風俗店が営業しており、
一部の人達の間で話題となっています。
昔から実はゲイ向けの風俗店というのは存在しており、
さまざまなアダルトサービスを提供してきたのです。
こちらではそんなゲイ向けの風俗店について、いろいろな情報を提供しましょう。
元々は江戸時代からゲイを対象としたお店は存在していたとされています。
戦後にはゲイバーにボーイがいて、
売り専としてサービスを提供していた時代がありました。
その頃には気に入ったボーイとゲイバーの2階でプレイできるようなシステムがあったのです。
そのあと、組織的に売り専のサービスが提供されるようになっていき、
売り専バーというものが誕生しました。
そこからは出張専門店が登場したり、
マンション形式の店舗も登場したりして、
幅広い業態のお店が登場しました。


ゲイ風俗について

【どのようなサービスを受けられるのか】
ゲイ向けの風俗店といっても、基本的には普通の男性向けの風俗店と違いはそれほどありません。
手や口を使ったサービスがメインとなっており、
お店によってはアナルセックスもありとなっています。
いわゆるデリヘルのような形態のお店が特に増えてきています。
ゲイ向けの風俗店であってもコスプレをしてもらえるお店があったり、
性感マッサージをしてくれるお店もあります。
マニアックなサービスを用意しているお店もあり、
基本的にはゲイ風俗店ならば一通りのプレイができるようになっています。


【全国各地に存在する】
このようなゲイ向けの風俗店というのはゲイタウンを中心として全国各地に存在しています。
働いている男性がゲイであるとは限らず、
中には売り専の男性もいるのですが、
ゲイが働いていることももちろんあります。
売り専というのはノンケの男性がサービスを提供していることであり、
売り専門でその気はないということを意味しています。
また、両性愛者の方が働いているケースもあり、
さまざまなタイプや年齢の男性がボーイをしているのです。
ゲイ風俗店で実際に性的なサービスを提供する男性のことはボーイと呼ばれています。
基本的なシステムについては女性がサービスを提供する風俗店とほとんど変わりません。
今ではインターネットのおかげでどんどん情報が広まるようになっており、
遊びやすい環境が整っています。
有料ハッテン場というものもあるのですが、
そちらとの違いとしてゲイ向けの風俗店の場合はボーイを指名したり、
きちんとした店舗やシステムが整っています。